インスリンは脂肪の敵!?

基礎代謝をあげるサプリメント

インスリンは脂肪の敵!?

低インスリンダイエットというダイエット法が流行っています。インスリンの分泌を抑えることでダイエットができるということですが、果たして本当のことなのでしょうか。

もし、低インスリンダイエットが効果的だったらインスリンは脂肪燃焼の敵ということに...

インスリンと脂肪燃焼との深い関係とは!?

インスリンとは


インスリンは、すい臓で作られるホルモンです。糖分は体に吸収される際、ブドウ糖に分解されますが、ブドウ糖が血中に流れるとインスリンが筋肉などに送り込み、エネルギーとして使われます。インスリンが血糖値の上昇を抑えるといわれているのは血中のブドウ糖を運んでエネルギーにするからなんですよ。ちなみに糖尿病はインスリンの分泌が減少しておこる病気です。

インスリンが脂肪燃焼の敵だと言われる理由


インスリンはブドウ糖をエネルギーとして消費しますが、それは体にとって重要なことですよね。ただし、インスリンは余ったエネルギーを脂肪細胞に蓄えてしまう働きもあります。つまり、脂肪を増やしてしまうということ。

インスリンを分泌させてしまうような食べ物を取らない低インスリンダイエットは理にかなっているといえますね。インスリンがブドウ糖を運ばなくなったら、脂肪をエネルギーに変えるように脳は指示をだしますからね。

脂肪をもっと効率的に燃やしたいのであれば脂肪燃焼サプリを併用することもオススメです。
基礎代謝をあげるサプリメント